Event is FINISHED

宇宙 IoT - 新しい都市体験を提供するサービスのデザイン -

Description

<概要>

新しい都市体験を提供するサービスの創出を目的としたプログラムTokyo Moonshot Challengeが2019年11月13日のリフトオフイベントを皮切りに本格的に始動します。シスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(以下、慶應SDM)が共同で開催し、宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)が協力機関として加わります。
本プログラムは5つのプロセスで構成され、これらを通して、人工衛星データ、地理空間情報、IoT、5G などの宇宙規模のIoT(以下、宇宙IoT)を駆使した、新しい都市体験を提供するサービスの創出を目指します。また、サービスの提供者のみならずサービスの利用者の視点からもデザインすることが望まれることから、多様な知見をもつ幅広い層の参加者やパートナーと共創しながら、2020 年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、安心・安全な都市を実現するサービスや、暮らしを支える最先端のデジタルサービス等、大会後も見据えた新しい都市体験を提供するサービスのデザインがテーマです。

<Tokyo Moonshot Challenge の特長>
新しい都市体験を提供するサービスデザインのアイデア創出・具現化に向け5つのプロセスで構成されたプログラムです;
① リフトオフイベント
プログラムの目的・概要の理解、参加者の皆様とのコミュニケーション開始
② ラーニングセミナー
宇宙ビジネス業界のスペシャリスト登壇
宇宙ビジネスを俯瞰的に理解し、実際の事業を知り、新たに事業を始める際のポイントを対話形式で習得することが可能
③ ワークショップ
日本の宇宙開発の中心であるJAXA筑波宇宙センターで開催
実際にアイデアを創出し、それらをサービスとしてデザインし、ビジネスモデルまで深化させる一連の手法を、グループワークを通して習得することが可能
④ アイデアコンテスト
有識者や参加者に対してサービスの提案をプレゼンテーションし、その新規性や独自性、有用性を評価
優秀賞の表彰
⑤ ショーケース
シスコ東京本社のイノベーションセンターショーケースやイノベーションハブなどで展示する予定

具体的には、本プログラムは、プログラムの目的・概要の理解し、参加者の皆様とのコミュニケーションを開始する「リフトオフイベント」を皮切りに、「ラーニングセミナー」、「ワークショップ」、「コンテスト」、「ショーケース」で構成されます。
主にインプットを主眼とした「ライニングセミナー」では、宇宙ビジネス業界のスペシャリストを招きます。これにより、宇宙ビジネスを俯瞰的に理解し、実際の事業を知り、新たに事業を始める際のポイントを対話形式で習得することが可能となっています。
「ワークショップ」は日本の宇宙開発の中心であるJAXA筑波宇宙センターで開催され、参加者は実際にアイデアを創出し、それらをサービスとしてデザインし、ビジネスモデルまで深化させる一連の手法を、グループワークを通して学ぶことが可能となっています。
これらの体系的なインプットを元に、最終的には「コンテスト」で有識者や参加者に対してサービスの提案をプレゼンテーションし、その新規性や独自性、有用性を競います。コンテストで選抜されたサービスは、「ショーケース」として、シスコ本社やイノベーションハブなどで展示する予定です。

Tokyo Moonshot Challengeの詳細はこちら

この度、当プログラムを開始するにあたり、リフトオフイベント(キックオフイベント)を開催致します。

参加を希望される場合には、本プログラムへの登録申込みをお願いします。

以下のリフトオフイベントのリンクから最新のプログラム内容をご確認頂けます;

リフトオフイベントの詳細はこちら

<参加対象者>
Tokyo Moonshot Challengeへの参加にご関心のある方(企業、スタートアップ、研究者、学生等)

<定員>
オンサイト参加者:50名
東京以外の拠点から参加される方にはWebexをご用意致します

<会場>
宇宙ビジネス拠点 X-NIHONBASHI

<タイムスケジュール>
14:30から受付開始(受付にてお名刺を1枚ご用意下さい)
15:00 - 15:05
  オープニング
   シスコシステムズ合同会社 イノベーションセンター センター⻑ 今井俊宏
15:05 -15:15
  関係者を代表してシスコからのご挨拶
   シスコシステムズ合同会社 代表執行役員会⻑ 鈴木和洋
15:15 - 15:30
  講演1「Tokyo Moonshot Challenge のプロセスデザイン 〜利用者と共に創る宇宙IoTサービス〜」
   慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 神武直彦
15:30 - 15:45
  講演2「宇宙の使い方と具体例」
   宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 事業開発グループ 主査/J-SPARCプロデューサー 藤平耕一
15:45 - 16:00
  講演3「日本橋再生計画と宇宙」
   三井不動産株式会社 日本橋街づくり推進部 主事 川瀬康司
16:00 ‒ 16:40
  若手宇宙コミュニティによるパネルディスカッション
  モデレーター 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 神武直彦 
  登壇者    宇宙開発フォーラム(SDF) 代表 船井翔
         宇宙広報団体(TRLSTAR) 副代表 荘司弘祐
16:40 ‒ 16:55
  Tokyo Moonshot Challenge - 今後のプログラム予定
   シスコシステムズ合同会社 イノベーションセンター センター⻑ 今井俊宏
   慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 神武直彦
16:55 ‒ 17:00
  質疑応答
17:00
  クロージング
17:00 ‒ 18:00
  同会場においてネットワーキング(会場に飲み物と軽食(無料)をご用意致します。)

<ご注意下さい>
※ セッションの内容などは予告なく変更となる可能性がございます。
※ お席に限りがありますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願い致します。
※ ご欠席される場合は、なるべく前日までにキャンセル連絡を頂けますようお願い致します。
Updates
  • The event description was updated. Diff#491925 2019-11-07 04:48:19
Wed Nov 13, 2019
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
X-Nihonbashi
Tickets
参加登録(無料) FULL
Venue Address
1 Chome-5-3 Nihonbashimuromachi, Chuo City Japan
Organizer
シスコ イノベーションセンター
21 Followers